格安スマホ基礎知識

【失敗しない】意外と知らないSIMカードの種類とサイズ

投稿日:

SIMの種類とサイズを解説

今日は格安スマホを契約したとき、取り出したり入れたりするSIMカード(番号などの情報が入ったICカード)の種類を解説していきたいと思います。

今まで大手の3社通信事業者で契約していた方には馴染みのないことですよね。

 

常識としては浸透しておらず、契約の時に迷ってしまうものだと感じています。

しかも契約の時に間違って選択してしまうと致命的なミスとなってしまい、再契約や契約の大掛かりな変更手続きが必要になり、追加料金も発生するので気を付けたいところです。

機能別SIMカードの種類

まず最初にSIMの種類を見ていきたい。SIMの種類には三種類あります。

  1. 電話とSMS、データ通信ができるもの
  2. SMSとデータ通信ができるもの
  3. データ通信のみができるもの

※SMSとは、番号で送受信が可能なショートメッセージ機能のこと

格安スマホにはこれらの種類があり、1のSIMがいわゆる携帯電話、スマホのSIMになります。

2や3のSIMはタブレット型PCなどに使用できるSIMで、電話はできませんが機能が制限されているので料金も安く契約ができます。

また、1のSIMはほとんどの場合、最低契約期間を設けていて、その期間内で解約した場合は1万円弱の解約金が請求される場合がほとんどです。

通信事業者別SIMカードの種類

通信事業者別でもSIMの種類を確認する必要があります。

大手で契約している場合は、その通信事業者が販売しているスマホなどの端末を使用する場合がほとんどなので、気にする必要もありません。

格安スマホに切り替えると、SIMを選んだり、出し入れを自らやる必要が出てきます。

 さらに、通信事業者によっては、SIMロックと呼ばれるもので、他社で端末を利用できないようにしている場合もあります。

SIMロックを解除する方法はまた説明するとして、通信事業者のSIMロックがかかっている場合は、スマホ側を合わせるか、SIMカード側を合わせて契約する方法があります。

SIMカードのサイズ

SIMカードはサイズでも分かれています。サイズは次の3種類です。

  1. 標準SIM
  2. Micro SIM
  3. Nano SIM

大きさは1が一番大きく、3が一番小さいです。現行ではスマホの小型化のために3のNano SIMが主流です。

格安スマホを契約するときは、SIMサイズを適切に選択しないと、入らなくて使えないなんてことになりかねませんので注意が必要です。 

まとめ

SIMカードには種類とサイズがあります。適切なものを選べるようになると、気軽に通信事業者を見直すことができるので、選択の幅も広がります。

-格安スマホ基礎知識

Copyright© スマホ代を節約し隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.