格安スマホ基礎知識

【これでわかる】格安スマホの種類

更新日:

種類が多くて迷ってしまう格安スマホ

近年話題になってきている格安スマホに興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

今日はそんな格安スマホ(格安SIM)の種類について説明していきたいと思います。

現在、携帯電話の通信網を持っているのはドコモ、AU、ソフトバンクです。もうすぐ楽天が参入を予定しています。

格安スマホは、このような通信網を借りて事業展開をしている会社になります。

これまで通信事業に参入していなかった業界も参入できるようになり、ユーザーは数えきれないほどの通信事業者から選んでサービスを受けられるようになりました。

格安スマホを選ぶには、先ず通信事業者を決める必要があります。

私のブログでは、通話を使う方はY!mobile、LINEがメインの方はLINEモバイルといった具合に2択でお勧めしています。

理由としてはY!mobileは無料通話のプランでは群を抜いて安く、LINEモバイルはLINEでどれだけやりとり(アプリの通話を含む)をしても、データ通信の制限がないからです。

ほとんどの方は上に書いた2社でニーズをカバーできるのではないでしょうか。

また、通信事業者を選ぶほかに、新しいスマホに変えるか、今まで使っていたスマホやガラケーを使用できる場合があります。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

新しく購入する場合は通信事業者に合わせて対応した端末を購入することになります。

人気の格安スマホの会社

TVCMなどで宣伝されている通信事業者は知名度が高いです。

こちらのブログで紹介しているY!mobile(ソフトバンク回線)とLINEモバイル(ドコモ、ソフトバンク回線)をはじめ下記のような通信事業者があります。

楽天モバイル(ドコモ回線)

mineo(ドコモ、AU、ソフトバンク回線)

UQモバイル(AU回線)

など

それぞれの事業者で独自サービスを展開しています。

例えば、家族とデータ通信量が分け合えたり、次の月へ繰り越せるサービス等があります。

全部見てたら正直、迷ってしまってなかなか決まりません。

具体的な選び方の例

私は仕事で電話を使うので無料通話が付いているY!mobileを主回線として、ipadにはLINEモバイルのデータ用SIMを差して使っています。

私の場合は電話とLINEと情報収集と、たまに動画を見る程度なので、ほとんどは主回線のY!mobileで事足りてしまいます。

しかしLINEモバイルは、ipadで使う別のSIMが必要だったことと、LINEの通信量がカウントされないという点で契約しました。

ですので、LINEをメインで使うのでしたら、LINEモバイルを契約するほうがメリットがあります

まとめ

現在、格安スマホと呼ばれる通信事業者は数百にも及びます。

でも契約者数の多い事業者の方が通信などの品質が高い傾向にあると言われます。

自分が良く使う機能やサービス(通話やLINEなど)によって、賢く選んで無駄のない格安スマホを選びましょう。

-格安スマホ基礎知識

Copyright© スマホ代を節約し隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.